まねる

2014年4月7日

今朝の富士山
140407-1.jpg

 何歳になっても良いと思う絵が描けないでいる、いやその前に自分がどんな絵が描きたいのか判っていない。どんな絵が良くどんな絵が描きたいのかそしてどんな生き方が良いのか判っていないのである。
 ブログやテレビや画集を見ていて、私は時々いいな〜と思う絵を見ると真似て描いてみたくなる。真似て描いてみるが、中中似ないのである。手元に画集があれば一所懸命に真似ていると、ふと作者は何を考えて描いていたのかなと思いが至る事が有る。作者の生き方が気になり真似てみたくなる、不思議な気がする。
 よく考えてみれば、真似(まね)ると学(まね)ぶは同源語である。真似るは学ぶ事、真似て絵を描く事は作者の人生を真似て学ぶ事、これからも他人の絵を見て良いなと思ったら真似て描いてみる。
 今日も誰かの真似をしようと生きている。





スポンサーサイト

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

捨てられない自分

断捨離という事が言われだしてかなり経つ。ウィキペディアによれば

断捨離とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え。単なる片づけとは一線を引くという。
断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる(ウィキペディアより)

と言う事らしいが、戦後のものが無かった時代に育った者にとってはなかなか物が捨てられなく、身軽な人生を送れなくて困っている。

私は物が捨てられず片付けられない人間であるようだ。特に、本雑誌が捨てられなくて困っている。

若い時は、食事代を切り詰めてでも本を買っていた。だからといってよく読んでいた訳ではない、積ん読が好きなだけである。最近はお金もなくブログを始めてから時間も少なくなり本屋に行く事が少なくなり本の購入は少なくなってきたが家の中には、溜まった本で溢れている。

電子化された現在は、自分の手元に本が無くても困る事は無いが何故か愛着が有り暇な時にペラペラとめくって楽しめるので取って置く、そんな事で部屋の中は本でいっぱいになっているのである。

同居している孫も来年は中学生になるので、今いる部屋を移ることになり、物の移動とともに不要なものを捨てようと頑張っている昨今である。

手始めに古い雑誌単行本から捨てる事にして引っ張りだしては、ページをめくっては中身を確認、ついつい拾い読みをしてその時代を思い出したりして楽しむので片付けが先に進まない。

ブルータス(BRUTUS)1980年創刊 平凡出版株式会社、途中からマガジンハウスになる。
月に2回の発売で多分創刊の頃から立ち読みはしていたと思うが、気になる号だけ買っていた記憶がする。保管の途中で雨に当ててしまい半分程捨ててしまったが、残っている一番古いのが16号(1981年4月)から393号(1997年9月)までの58冊と間が空いて453号(2000年4月)の59冊がある。読み返してみるとやはり面白いし、残った雑誌を見ると30代から40代の自分の嗜好が視えてくる。

59冊をやっと紐で結わえたが、本当に捨てて良いか迷っている自分がいる。でも思い切って捨てないと、先には進めないかと思っている自分もいる。

こんな事をしているので捨てられない片付かない時間がない拘りが捨てられない。いつまで経っても困った人生を送っている。

紐にくくる前に表紙だけ写真に撮ってみたので、続きを読む に記録をしてみた。

続きを読む

母の眼科検診

2月2日、晴

今日は,母の白内障手術後の定期検診、検診異常なし、ほっとして昼食を母と妹と三人で、はま寿司で食べました。
はじめて、はま寿司で食べましたが、回転寿司屋は、何処も似たり寄ったりかな。合鴨の寿司、へーーこんなものも有るかと驚きました。

食事後、駿河湾に出て、三津、長浜、重須、木負をのんびりプチプチドライブ、波もなく富士山が雲間から少し顔を出し、母も喜んでくれました。ありがたい事です。

続きを読む

幼稚園の音楽発表会

1月29日、晴時々曇り

今日は一番小さな孫の幼稚園の音楽発表会です。
毎年会場は、三島市立文化会館大ホールで行なわれます。

孫も、幼稚園最後の発表会を頑張っていました。

小さな人々の、大きながんばりに、
感動と、力をいただきました。

孫の通った幼稚園の年長組は、
合唱と合奏をします。
毎年、合奏は八木節の楽器演奏を披露して卒園して行きます。

上の孫から数えて7回演奏を聴きました。
その都度感動を貰いました。ありがとう。

音楽発表会
0129-2音楽発表会

0129-1音楽発表会

母の介護

1月12日、晴

本日は、母の病院診察が有り、付き添い手伝いで、伊豆市へ行ってきました。

続きを読む

嘘つく自分

1月11日、曇後晴、寒い一日です。

自分の変な癖なのか性格なのか判らないが、時々自分の意志とは関係無く違った言葉が出ます。他人と話をしている時に、喋ろうと考えていた言葉と、口から出た言葉が違っていてびっくりすることが有ります。そして、なぜそこで違うことを言うのかを、冷めた目で見る自分もいます。口から出てしまった言葉をすぐ訂正出来ずに、その場が流れてしまい、後になって後悔するが時既に遅しです。

これを世間では「うそつき」と言うのでしょう。

なぜ考えた言葉と違う言葉が出てしまうのか判りませんが、酒を飲んだときや、気分がハイになっている時に出易い気がします。平常の時もでることがありますが平常のときは、もう一人の自分が気がつけば直ぐ訂正出来てあまり困ることは有りません。

自分の中に、自分を格好良く過大に見せようとする人と、それを抑制する人がいて、気分がハイ状態のときは、抑制する人を無視して、格好付ける人が頑張っているのでしょうかね。特に出来なかったのに出来たかの様に言ったり。10のことを20と言ったり、誇大妄想狂なのでしょうか。

自分の嫌な癖なのに、変えようと思っても変わりません。困ったことですが、ここまで生きて来たら、付き合って行くしかありませんかね。いやですね。


プロフィール

ara75ne

Author:ara75ne
2014年75才

静岡県東部に住んでいる、原二種乗りを楽しんでいる後期高齢者のじいさんです。

2008.10月に小型二輪のAT限定の免許を取り、それまで乗っていた車を止め、11月30日に新規制対象車前のアドレスV125Gを購入。
それから22ヶ月2010.10.9で3万キロ達成を記念して、ブログを始めました。

不慣れ不勉強なれどバイクであちこち出歩いた事やふと思った事、好き勝手に描いた絵や思いついた事、アドレスV125Gの5万キロまでの出来事や、ボケ老人の記録を残そうと思い始めた原二種人生ブログも、1台目の「address V125G」は2013.9.23に10万km達成。

2008.11.30にアドレスV125Gを乗り出す
2010.10.9に3万km通過
2011.9.19に5万km通過
2012.8.8に7万km通過
2012.12.25に8万km通過
2013.6.8に9万km通過
2013.9.23に10万km達成

2台目はホンダから2013.9.13新発売の「Sh mode」を2013.11.3に購入。
ちょっと楽しんでみようと思っています。

好き勝手な絵も描き続けています。

2013.11.3  Sh mode 乗出し
2014.4.27 10,000km通過
2014.8.18 20,000km通過
2014.11.3 26,450km
2015.1.2   30,000km通過
2015.5.26 40,000km通過
2015.9.22 50,000km通過
2015.11.3 53,664km
2016.1.31 60,000km通過
2016.5.16 70,000km通過
2016.8.11 80,000km通過
2016.11.3 89,416km
2016.11.9 90,000km通過
2017.4.6 100,000km通過

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
FC2カウンター